PRECIOUS MOMENT
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ママの忘れ物
ママの忘れ物


一昨日の午前中のこと。

結局のところ、毎日三輪車で公園へ繰り出している我が家(^^;)
公園に到着するまでしばしの間ドライブを楽しみ、
公園に到着した後はしこたますべり台滑り。

しばらくして少~し疲れてきたのか、

息子「(*・ω・)♂ジャ~ジャ~」
ママ「りっくん『ジャージャー』するの~?」
息子「うん」

息子の言うところの『ジャージャー』は、お砂場遊びのこと。
ここのところすべり台でばかり遊んで、
ほとんど砂場遊びをしていなかったりっくん。
「ジャージャーする」と言い出したものの、

お砂場セットを持って来ていない…

そんなママの思いはつゆ知らず、
ママの手を引っ張り、砂場の中へどんどん入って行くりっくん。
そして知らない子のお砂場セットで遊ぼうとし始め…

ママ「りっくん、それお友達のだからダメなんだ~。
    ごめんね、ママ今日お砂場セット持って来るの忘れちゃったの。
    明日は忘れずに持って来るから、今日は我慢しよ?」
息子「……」
ママ「ごめんね、りっくん」

ママの話を聞きながら小さい頭をフル回転させ、
一生懸命何やら考えている様子のりっくん。
ここまでお話しした時、りっくんはおもむろにママの手を取り、

息子「ママ、行こ~」
ママ「お利口さんだね~。明日遊ぼうね。」

ママの言うことに耳を傾け、理解を示したりっくん。
『お利口さんだね~』、そう言いながら、
ママの胸は何だかキュンキュン切なかった。
あっぱ~
アッパ~


数週間前、突然2語文を話し始めたりっくん。

ワンワン、いた~!
パパ、おんも~
チュンチュン、うえ~!
ココ(チョコ)ねんね~

数少ない言える言葉を組み合わせて作った2語文。
それでもりっくんの成長に驚いていたのに、
先週突然、

あ!チュンチュンいた~!
ママ(が)あっち(に)いた~!

なんて言ったもんだから、
パパもママもビックリで。

は!?りっくん今何てった!?
『ママ(1) あっち(2) いた~!(3)』
って…さ、3語じゃん!!!

ほんの1秒ぐらいの間にママの頭はフル回転。
最初、受け入れるのにしばらく時間がかかったよ、息子…


そんなりっくん。
近頃野菜をあまり食べてくれないのが、ママの最近の悩み。
特に食べないのは青野菜で、
小さく小さくみじん切りにしてハンバーグに練りこんでも、

一つ一つ丁寧に取り除く…

まぁ何とも地道な作業だこと。


ある日のお夕飯の支度中、
台所で作業しているママのところにテコテコとやってきて、
ママが持っている物をジィ~っと興味津々に見つめるりっくん。

ママが手に持っていたのは水菜…

最近公園に遊びに行くと必ず、
「アッパ(葉っぱ)あった!」
と言って喜んでいるのを思い出したママ。

ママ「りっくん、これ葉っぱだよ。公園にも葉っぱあるでしょ~?」
息子「あぁぁ~!!アッパ!アッパ!」
ママ「そうだよ!葉っぱ。これね~アムアムするとおいしいんだよ♬」

そんな会話をして以来、
お台所でママが葉っぱものを調理していると必ず、

あっぱ(葉っぱ)~アムアム、おいち~おいち~

と言うように。

それって何語ですか、いったい?
それだけ言えるなら食べて下さい。


そして今日のお昼、
公園から帰って来てお昼ご飯の支度に取り掛かる直前、

あっこ~(抱っこ~)

と言われりっくんを抱っこ。
その時、花瓶に飾られているトルコ桔梗がりっくんの目に飛び込んできたようで…

息子にとって、葉っぱもお花も全て『あっぱ』…
何度「これは『葉っぱ』で、これは『お花』だよ~」と言っても、

息子「(*・ω・)♂あっぱ~」

この時もやはり…

息子「(*・ω・)♂あっぱ~」
ママ「そうだね~葉っぱだね~。でもお花もあるよ~。」
息子「あっぱ~!あっぱ~!」

そして…

息子「あっぱ~!アムアム、おいち~おいち~!!」

お、『おいち~おいち~』ね(^-^;)
じゃ~その『あっぱ』、『おいち~』ならちょっと食べてみる?(笑)
名コンビ
名コンビ


今日の雨とはうって変わって、昨日はとぉ~ってもいいお天気。
お友達とアスレチック公園に行ってきました♬

一緒に行ったケイくんとりっくん。
同じ月齢&男の子同士、とぉぉ~ってもいい関係を築いているようで、
二人の関係が見逃せない今日この頃のママなのです(*^^)


公園では相変わらずすべり台に一点集中。
何度も何度も飽きもせず滑りまくりのりっくんなのですが、
すべり台までの道すがら、ケイくんの手をおもむろに取り、

(*^ー^)人(^ー^*)テクテク

二人仲良く手をつないですべり台に行ったり、
ケイくんもりっくんが見当たらないと、

(*・ω・)りっくん、ない~

と言ってキョロキョロと探したり。


家に帰って来てからも、そんな2歳直前コンビは引っ付きもっつき。
一人がブーブーに乗れば一人が後ろから押し、
押してる方が乗りたくなると、

ケイくん「(*・ω・)こうたい!」
りっくん「どうじょ」

運転手を交代して、またリビング中を運転。
車に飽きてきたら今度は追いかけっこ。

タッタッタッタッ!ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ヘ( ^o^)ノ まてまて~!

リビングを走りぬけ、通り抜けの和室を通過してまたリビングへ。
グルグルと走り回り、疲れたら今度は二人して3時のおやつ。
ケイくんが持っていたパンを二人で、

( *^-^)ρ(^0^* )あ~ん

りっくん「ねぇねぇケイくん食べたら次またボクにちょうだい」
ケイくん「えぇ~しょうがないな~はいどうぞ」
りっくん「あ~む( ̄~ ̄) モグモグ」

と、そんな会話が聞こえてきそうなやりとりに、
母達は二人ともシャッターを切りまくり(*^^)

「こんな癒される瞬間があるから、大変な育児も頑張れるよね~」

そんな話をした母達だったのでした。


その後子供達はまた追いかけっこを始め…
ケイくんが持っていたパンの美味しさを知ってしまったりっくん。

ε=ε=ε=ε=ε=ε=ε=ヘ(*`・д・)ノ パン~!!!!!!

パンを催促しながら大絶叫で追いかけ…


ケイくんが大好きなりっくん。
途中ケイくんに後ろからギュ~っと抱きついたり(〃▽〃)
いやいやでもね、大好きなのは分かるんだけど、

ケイくんの首しまってますから…

止めに入ってもりっくんの求愛は留まるところを知らず…
またまた後ろからギュ~♥
そしてそのまま勢い余って

バックドロップ…

求愛も結構ですが、ケガさせちゃうのでやめて下さい・゚・(*ノД`*)・゚・
困った習慣
困った習慣


りっくんがいつもすることの中で、
ママがとぉぉぉぉ~っても嫌なことがある。それは、

食事中に、汚れた手をママの洋服で拭く

という行為。

スプーンやフォークがまだまだ上手に使えないりっくん。
手づかみでご飯やおかずを食べることもしばしばで…
毎食毎食、りっくんの手は何かしらの食べ物でベッチャベチャ。

手についたご飯粒を拭かれるならまだマシ。
時に、カボチャの煮物をつかんだ手を拭かれると、
ママの洋服は、もれなく真っ黄色(* ̄ロ ̄)

ママ「りっくん、ママのお洋服が汚くなっちゃうからやめてね」

何度言ってもやめる気配は全くなく…

何とかせにゃならんな、こりゃ。

そう思ったママ。
濡れた布巾を手渡し、汚れた手はこの布巾で拭くように、と教えてみた。
さて、お利口さんにちゃんと布巾で拭いてくれるのか?


しばらくの間、ひとしきりご飯を食べるりっくん。
さぁ、手がベチャベチャしてきたぞ~。
どうする、息子よ?
さぁさぁ、布巾でその手を拭いてくれ( ̄∇ ̄)フフッ

するとりっくん。
自分の手をしばしの間ジーっと見つめ…

( ・ω・)/ペト

結局ママのお洋服で拭き拭き。

はぁ~ダメだったかil||li _| ̄|○ il||li

と、思っていると、ひとしきりママの洋服で手を拭いた後、
息子、おもむろに布巾を手にし、
自分が手を拭いて汚れたママの洋服の袖口を

__/(。。_/))フキフキ

ママ「あ、ありがとう、りっくん(^-^;)」
息子「(〃▽〃)へへ」

褒めていいんだか、喜んでいいんだか(^^;)
何だかちょっと違う気もするが…
怒れなかったママだったのでした(苦笑)
公園で触れた優しさ
新緑の季節


季節はすっかり新緑の季節。
毎日午前と午後公園へ行き、
ひたすらすべり台を滑る日々の母子です(笑)


今日は公園で鳩に餌をやるおじいちゃんとおばあちゃんに遭遇。
何十羽も集まった鳩の輪の中心に何度も走って行っては鳩を驚かせ、
飛び立つ鳩達を見ては

キャッ(^ω^*))((*^ω^)キャッ

と大興奮。
しまいにはおじいちゃん達に餌を貰い、
残っていた餌をぜぇ~んぶ鳩に「どうぞ」させてもらい…


さらにその後、散歩に来ていた犬を見つけては、

(*・ω・)♂ワンワ~ン!!!

と叫んで飼い主さんを呼びとめ、
ワンワンにあっちから近づき、こっちから近づき。

ママ「りっくん、ワンワン怖がってるよ~。すべり台すべりに行こうか(^-^)」
息子「(((p(>v<)q)))ヤダヤダ!ワンワン!!」

すると優しい飼い主のおばちゃん、

「ワンワンを触りたいのかな?(^ー^* )フフ♪」

と言ってワンちゃんを抱っこして下さり…
りっくんはニコニコしながら、すかさずワンワンを

U^ェ^Uヾ(^^*)ヨシヨシ

ワンワンを触れたことで納得したのでしょう。
ワンワンをひとしきり撫で終わると、

(´∀`*)ノシ バイバ~イ

ははは、(^-^;)オイ…
今日は公園でどれだけの

「すいません、ありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコッ」

を言ったことだろうか。
たくさんの人の優しさに触れ、
何だか温か~い気持ちになれた気がした母だったのでした(*´ー`*)


帰り際、ラジコンカーで遊ぶ小学生のお兄ちゃん達に遭遇。
車が大好きなりっくん、

(*・ω・)♂ブ~ブ~!!

と、これまた釘付けになり、家に帰らないと帰宅拒否。
走るラジコンカーをどこまでもひたすら追いかけ、
隙を見ては触ろうと試みたり…

でも、さすがにラジコンは触らせてもらえなかったりっくんでした(笑)
二人の背中
仲良しこよし


お友達と一緒に公園へ。
そこで出合った素敵な瞬間。
小さなお手手と小さなお手手が重なり合って、

あっちに行くよ~!こっちに行くよ~!

生まれた日がほとんど変わらない二人が、
仲良しこよし、手に手を取り合って公園内を行ったり来たり。

そんな二人の後ろ姿はなんとも小さく、可愛らしく。
でもどこかしら逞しく、そしてまぶしくも見え。


二人の後姿


この先、二人の背中はどんな風に大きくなっていくんだろう?

可愛らしくて、愛おしい、
でもママ達から少しずつ遠ざかる二つの小さな小さな背中。

癒され、思わず「クスッ」と微笑んでしまう瞬間。
でもほんの少し切なくもなった、春の日の午後12時少し前。
アスレチック公園
公園遊び


いつもはこうして近くの公園へ行き、
あっちへテコテコ、こっちへテコテコ。
特に遊具で遊ぶでもなく、広い敷地内をひたすら歩くりっくん。
完全なお散歩派です(*^^)

でも先日、お友達から、
「15分程行ったところにアスレチック公園があるよ!」
と教えてもらったパールママ。

へぇ~!知らなかった!!!でもりっくん遊ぶかな…(^^;)

とは思いつつも、たまには気分を変えて行ってみることに♬


そこのアスレチック公園は特に広いというわけでもなく、
ごくごく普通の小さい町の公園。
でも、木でできた綱渡りやロープスライダーなど、
アスレチックならではの遊具がい~っぱい!!!
その中で珍しくりっくんが食らい付いたのが、

全長30mのローラーすべり台!

一度一緒に滑ったらえらく気に入ったらしく…
滑りながら、

。.:*・゚☆(●'▽')ニコッニコッニコッニコッ・゚☆.。.:*・゚

へぇ~!りっくんがすべり台をこんなに喜ぶなんて!!!
と、嬉しそうな息子の笑顔を見て一緒に喜んだママだったのですが…

滑り終えた途端、

(*・ω・)♂ママ~!!!

すべり台を指差し、大声でママを呼ぶりっくん。
そしてママの手を引っ張り、すべり台の登り口へ。

そうかそうか、また滑りたいのか(^ー^* )フフ♪

珍しく遊具に興味を示したりっくんに喜んだママだったんだけれど、
二度目を滑り終えて、

(*・ω・)♂ママ~!!!

三度目を滑り終えて、

(*・ω・)♂ママ~!!!

四度目を滑り終えてもさらに、

(*・ω・)♂ママ~!!!


結局何度滑ったであろうか…
しかも、遊具で遊び慣れていないりっくん。
すべり台の階段を自分で登る、という芸当が出来るわけもなく。

13kgの巨体を抱っこし、すべり台の階段をウンショウンショとよじ登る…
全長30mのすべり台を巨体抱っこで滑り落ちる…
坂を上ってまたすべり台へ…
そしてまた巨体抱っこで階段を…

次の日の朝、みごとに腕という腕、足という足が筋肉痛だったのは、
言うまでもなく…
そしてなにより一番、

ママのお尻が悲鳴をあげていた…



そしてそして!!!

待ちに待った「女子カメラ」のVol.2が、先日発売に♥
もちろん早速本屋さんへ走り、買って来ました(*´ー`*)

女子カメラ vol.2―かわいい、すてき、きれいの瞬間をキリトリたい!

女子カメラ vol.2―かわいい、すてき、きれいの瞬間をキリトリたい!

今回もまた、一眼レフで撮ったとぉ~っても素敵な写真ばかり♬
マクロレンズ特集なんてのもあって、
しばらくまた、息子が寝た後のママ時間が楽しくなりそうです(* '艸`)ププ
つらい別れ
窓拭きのお友達

久しぶりに朝からお日様が顔を出した今日、
リビングの窓拭きを実施!
でもりっくんが窓拭きを邪魔するので、窓にスプレーでうーたんを♥

♥キャハo(>▽▽<)oキャハ♥うーたん!うーたん!

大興奮で、しばらくうーたんに夢中v( ̄∇ ̄)ニヤッ
ママの作戦大成功(* '艸`)ププ
しかし…

(*・ω・)ワンワン!ワンワン!

りっくんにとって、うーたんとワンワンは一セット…
ワンワンを書けと要求したあげく、
窓を拭くためにうーたんを雑巾で拭き消すと、

う~た~ん・゚・(*ノД`*)・゚・

はいはい、うーたん、また書けばいいのね( ̄▽ ̄;A

結局あまり捗らなかった窓拭き作業でありました…
また次回、頑張ります…


そんなりっくん、トイレでのおしっこがとっても上手になっていて、
お昼過ぎまでオムツが全く濡れないまま、なんてことも♬
外出先のトイレでも上手にできるようになりました(*^^)

しかしうんちはどうしても難しいらしく、
未だにちゃんとトイレで出来ないまま…
ママがトイレにオムツごと運び、
捨てられた中身をりっくんがジャージャーするのがたいていの流れです。

そんなつい先日の出来事。
オムツをトイレに持って行き、中身を便器の中にポチャン。

ママ「りっくん、ジャージャーして~」
息子「じゃ~じゃ~」

水がかかったら嫌なので、便座の蓋を閉めるママ。
しかしそれを見たりっくん。

チガウ((o(>д<;o)(o;>д<)o))チガウ

(*・ω・)ん?何が違うんじゃ?

予想外の抵抗に、ママが不思議に思っていると、
閉められた便座の蓋を開け、

(*'∀')ノ)))) ブンブン

うんちくんに最後の別れの挨拶を…
そ、そうね、バイバイしてなかったもんね(^^;)


しばしの間生活を共にしたうんちくんとの別れは、
りっくんにとって想像以上につらいものらしい…
よく見てるのね…
よく見てるのね…

つい先日の出来事。

朝、掃除に洗濯、一通りの家事をこなしていたママ。
洗濯物を干して家の中に入ると、

あれ?りっくんがいない?

いつも「おかあさんといっしょ」を見ながら遊んでいるはずのリビングに、
りっくんの気配なし…

あれ?どこ行った?

探してみるも、洗面所にもいなければ、トイレにもいない。
さては、寝室で何かやらかしてるな(ー'`ー;)ムムッ
と寝室を覗くと、りっくんまさにその時

ママの点媚薬を自分の鼻に突っ込んでご満悦中…


今年花粉症を発症してからというもの、
点鼻薬が手放せないママ。
子供はホントに親のことをよく見ているもので(^^;)

さすがにこの時はあまりの可笑しさに、
点鼻薬を取り上げるのも忘れ、大爆笑。
「よく見てるのね~」と関心しつつ、カメラを取りに走りました(笑)


さらにウチの息子。
ママが朝起きると、リビングに行く前に必ず点鼻薬を点すのを分かっているようで…
朝自分が一番に起きて、ママを起こしたい時には、

点鼻薬をママの鼻に突っ込む…


ある意味正解なんだけど、
息子よ、母は声を大にして言いたい…

物を鼻に突っ込んで人を起こすのはやめてくれ!!!
こう見えて…
お~っととっと

大好きな「ぐるぐるどっか~ん」に合わせて、お手手を回してぐ~るぐる。
『♬パンツあげて、きゅっきゅっきゅ♬』で体を左右にゆすり、
『♬おぼうしオッケイ、おすましオッケイ』でバンザ~イ。
そして次は…

『♬お~っととっと♬』

アンヨを上げて、おっとっとっと!!!
アンヨを下げたら、リビングをダッシュ~!!!!


新しくなった「いないいないばぁっ」のオープニングにもすっかり慣れ、
要所要所で「ばぁっ!!」と音楽に合わせて元気よく声を出すりっくん。
しかしこの写真を撮ったまさにその時、
りっくんの体温、なんと

38.5度

「こんな高熱の時に、よく踊っていられるな~」
と驚くやら、心配やら、少し安心な気がするやら…


ことの発端は、一昨日のお昼寝の後。
いつもといたって変わらず元気なりっくんとは対照的に、
体を触ると何だかちょ~っとだけ体が熱い。
体温を測ると「37.4度」の表示…。

う~ん、とりあえず一晩様子見るかな?

最初はそんな風にのんきに構えていたのだけど、
あれよあれよという内に、38度台まで体温が上昇。

明日まで待ってられん!病院に連れて行く!!!

予約受付5分前の小児科に駆け込み、
看てもらった結果は…

「風邪かもしれませんが、インフルエンザの可能性もありますね~」

やっぱり…
なにせ鼻や咳などの症状が全くない中での突然の高熱。
不安的中。

しかし、インフルエンザかどうかを判断できる診断キットは、
熱が出始めてから最低でも6~7時間経たないと、
結局「陰性」で出てしまうとのことで…

「明日の朝一で検査しましょう」


病院から帰った後のりっくんは、
それまでの元気はどこへやら、床に転がりまくってグデグデ状態。
熱は38.0度まで下がってはいたものの、
眠くていてもたってもいられないといった感じで、

午後7時、就寝。

何を忘れても食べることだけは忘れないりっくんが、
ご飯を食べることさえ拒否し、ミルクも飲まず就寝。

こんなに早く寝るのなんて、1年3ヶ月ぶりだよ…

「1年3ヶ月」という月日が、今回の事の重大さを物語っているかのようで…
久しぶりにできた長い長い自分の時間も、ただただ心配なだけ。
様子を何度も見に行ったり、水分補給に座薬投入。
結局落ち着かないまま朝を迎えたパールママだったのでした。


そして今日の朝一、病院へ。
検査の結果を待つこと15分。
結果は、

「陰性で出てますので、お母さん安心して下さい」

よかった~(;´▽`)ホッ
その後りっくんの熱はどんどん下がり、お夕飯の時間には

コンビラックの隙間に入って、ご飯を要求ww

既に用意されていた冷奴に乗っかった海苔を、
イスによじ登り、ママの目を盗んで一人ムシャムシャと盗み食い(^-^;)

めちゃめちゃ元気じゃんか(笑)

あれやこれやとイタズラをやらかし、
ママに叱られるまでに回復してくれました(*^^)


りっくんが熱を出すと、相変わらず平常心ではいられなくなる私。
「子供は熱を出すもの」とは思いつつ、
やはり心配で心配でたまらなくなってしまうようです(^-^;)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。