PRECIOUS MOMENT
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
予知能力?
予知能力


「最近子供が変にグズルな~」…そう思っていると妊娠していた。

そんな話を色んなところで聞きます。
我が家の場合もそれは決して例外ではなく。。。
妊娠を予感させる色んな出来事が実はあったのです。


最初の予感はりっくんを妊娠した時。

りっくんを授かった月のちょうど排卵日あたり。
夜中、グッスリ眠っているママの夢の中に登場した、我が家の愛犬チョコ。
チョコはフカフカの毛布に横たわり、
そのお腹のあたりで生まれたばかりのワンコ達はオッパイの争奪戦。

そう、チョコが妊娠し、出産するという夢。
でも7匹目と8匹目のワンちゃんはかなりの未熟児で、
悲しいことに8匹目のワンちゃんを失ってしまうという内容でした。

それまでチョコが出産する夢なんて見たこともなく…

「不思議な夢だったな~」なんて思っていると、2週間後に妊娠発覚。
この夢を予知夢的に捕らえていたので、私の実母が早産体質だったこともあり、

私も早産に気をつけなければ…

病院の先生と相談して、検診は2週間おき、内診もこまめに行い、
用心に用心を重ねた生活を送っていました。
それでもちょうど30週に、子宮口が5mm開いていると診断。

用心していなかったらどうなっていたことか…


二度目はもちろん今回の妊娠で。

今回も同じく妊娠した月の排卵日近辺。
変化を見せたのはりっくんと、そして前回同様チョコ。

りっくんは、遊びたい物がない、思った通りに事が運ばない、
ママがトイレに行った、ママを呼んだのにすぐに来なかった、などなど、
ほんのちょっとしたことで、

息子「ママ~・゚・(*ノД`*)・゚・」

やけに情緒不安定だな~。

そんな風に思っていたママ。
そしてチョコはというと、時を同じくしてママにベッタリ…
普段パパがいる時には、常にパパの傍でベッタリのチョコ。
それがやたらとママの膝の上に来たがり、膝の上で丸くなる。

で、当然それを見たりっくんが焼きもちを焼いてまたグズル…という構図。

そして排卵日を過ぎた数日後、
りっくんのグズリはおさまり、チョコは再びパパの腕の中へ。

もしや?と思っていると、2週間後にやはり妊娠発覚。


不思議というか不可思議というか…でもホントに起こった出来事。
科学で解明できないことも多いけれど、これもまた、その一つなのかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

小さな幸せ
5478.jpg


いつも座るダイニングテーブルに、小さな小さなグリーンを飾ってみる。

お気に入りのカップに好きな飲み物を注ぎ、
好きな本を手に持って、10分でも15分でもいい、のんびりとおやつタイムをする。

麻布やリボンを貼ってアレンジした靴箱やおかし缶。
ポンッと置いておくだけでオシャレだから、日々増えていくDMや紙類のお片づけが楽しく。


掃除に洗濯、毎日の公園通いにお夕飯作り、息子のお風呂に寝かし付け。
毎日繰り返される忙しい日々の生活だけど、


今日は昨日よりもお味噌汁が上手にできた

お日様にさらして、クッションがフカフカになった

公園までカメラを持って出たら、お気に入りの一枚が撮れた


小さな小さな出来事が自分自身を元気にしてくれ、
明日からの毎日がまた楽しくなる。


******************

そんな大事なことを教えてくれたのが、
去年の夏、近所の本屋で偶然手にした おうちのじかん という一冊の本でした。

その著者の内田彩仍さんが、新刊発売を記念してサイン会を行うというので、
何日か前に「ダメだろうな~」と思いながらもメールで申し込み。
すると何と何と!運よく当選し、昨日表参道までワクワクしながら行って来ました♥

そう、りっくんはパパにお願いし、一人で意気揚々と(笑)


5477.jpg


実際にお会いした彩仍さんは、本からイメージした通りの人。
気さくで、飾らず、自然で明るい女性でした。
お腹の大きい私を忙しい中心配して下さって。

忙しいからこそ、一日を大切に。
忙しいからこそ一手間かけて、自分らしく、そして自分や家族が居心地いいように。

彼女のそんな生き方を少しでも真似しつつ、
ギャングが走り回るまだまだ落ち着きのない我が家だけど、
毎日を、大切に丁寧に過ごして行きたい。

普段ほとんど行かない表参道という土地に、
正直正直とぉぉ~っても体力的には疲れたのだけれど、
何だか気持ち的にはたくさんたくさん頑張るパワーを貰えた日曜日でした♪


******************

あ、ついでに余談。
表参道までせっかく行ったのだから、と「表参道ヒルズ」にもちょっと顔出し。
「ヒルズ」系の場所に、実は初めて足を踏み入れた私…

場違い、場違い、あぁ~場違い!!!

一般庶民の私なんかが入れるお店なんて、全然ない!!
入ってすぐのところにあったチョコレート屋さん。
ショーウィンドーを覗くと、小さい箱に小粒のチョコレートが4粒…

に、2000円!????

多分ここに来ることは…よっぽどのことがない限りないでしょう。
えぇ、そして同じく「ヒルズ」という名のつく六本木のビルにも…。


ミルクとまいにち~SWEET DAYS with MILK&KLIM

ミルクとまいにち~SWEET DAYS with MILK&KLIM

テーマ:ママのひとりごと。 - ジャンル:育児

安堵の時は…
安堵の時


ここ数日…またまた我が家の息子、暴走中 __| ̄|●ガクッ

何がどう「暴走中」かって…
公園に行けばちゃんとお友達にご挨拶をし、
遊びたい遊具でもちゃんと交代でき、
お友達には自分が使っているスコップやバケツもちゃんと「どうぞ」できる。

問題は家にいる時の話で、
そう、一番の被害者は

チョコ…


とにかくしつこくしつこく追い掛け回し、
チョコがハウスに逃げ込めば、檻の中に手を突っ込んで、

足を引っ張ったり…

毛を引っ張ったり…

耳を引っ張ったり…

ハウスをゆすったり…

チョコがたまりかねてハウスから逃げ出せば、
また追いかけっこの始まり…


とにもかくにも足を引っ張るのは本当に本当にまずい。
何度も何度も根気よく怒り続けるママ。
時にはこんこんと言い聞かせ、時には大きな声で、めちゃめちゃ怖い顔で。

しかし、全く効果なし…

こっぴどく怒られてほんのちょっと反省した態度を示し、
「チョコちゃん、ごめんなさい(*- -)(*_ _)ペコッ」と言うものの、
1分後には同じことの繰り返し。

こんなりっくんの態度に、チョコは自分の家なのに安住の場所もなく、
いつもりっくんの動きに意識を集中しつつ逃げ惑い、
常にママの足元で助けを求めてウロウロ。

そして昨日の夜、遂にあの小さな事件は起きたのです。


普段公園で犬に出くわそうがどんなに吠えられようが、
一度も吠えたことも怒ったこともないチョコが、
ハウスに逃げ込んでも逃げ込んでもりっくんの魔の手が襲って来た時、

たまりかねてりっくんの手をガブッ!!

それでも、もともと優しいチョコは思いっきり噛むわけでもなく、甘噛み程度に攻撃。
でもその顔を見ると牙を出し、ウゥゥゥゥ~と。

4年以上チョコと生活しているけれど、
チョコが怒ったところなんて見たの初めてだよ…


チョコちゃん可哀想でしょ!!!

チョコちゃん小さいんだから優しくだよ!!!

チョコちゃんは女の子だよ!りっくん男の子なんだから優しくでしょ!!

足引っ張ったりしたらチョコ歩けなくなっちゃうんだよ!!


昨日の夜、寝るまでそんなやり取りを何度も何度も繰り返し、
今日も朝から何度かバトル。
公園から帰ってきてお昼ご飯を食べた後またさらにバトル。

あまりな態度にお尻をペンペンされようが、

「ママもうバイバイだよ!」と寝室に閉じこもろうが、

りっくん自身が洗面所に閉じ込められようが、

その瞬間泣くだけで、いっこうに改善の兆しのなかった今日の午後。
ついにママ、プッチ~ン!!


どうしてそんな可哀想なことができるのか…

毎日毎日いじめられて可哀想なチョコ…

私の怒り方がダメなのか…

あぁ情けない…こんなんでチビ子が生まれた後ちゃんと子育てしていけるのか…


息子的にはただ単に遊んでいるつもりなだけなのかも、とは思いつつも、
色んな思いが頭の中でグルグル巡り、
怒りながらママも遂には感極まり涙・涙。

さすがにそんなママを目にしてりっくんも「はっ…」としたのか、
いつもヘラヘラと話を聞こうとしないりっくんが、ジィ~っとママを見ながら話を聞き、

息子「ママごめんね、チョコちゃんごめんね(*- -)(*_ _)ペコッ」

ちゃんとした心からの「ごめんなさい」だったので、
りっくんを抱き寄せて仲直り。すると、

息子「ママ、エ~ンってしたの?」
ママ「したよ。りっくんがチョコちゃんのこといじめるからだよ。もうしたらダメだよ、分かった?」
息子「分かった。」

少しは効果…あったらしいんだけど。。。


それでも現在、

りっくん→まだまだ微妙に暴走中…
チョコ→ママの足の下…


チョコが一日でようやく安堵する瞬間は、
りっくんが夜ママと寝室に行った時。

そしてママは、りっくんが寝た後…グッタリ。

テーマ:犬と子供の幸せ - ジャンル:育児

桜の季節はカメラの季節
お花見ピクニック


週末の我が家は、隣駅の河川敷でピクニック♥
先日検診に行った時、電車から川沿いにたくさんの早咲き桜を発見し、

写真撮りたい(〃▽〃)

ママの撮りたい病が発病していたのが半分、
先週・先々週と水族館・動物園に連続して行ってしまっていたので、

パパ・ママ「外出したいけど特に行くとこないね…」

というのが半分ww
じゃぁ!ということで、お天気もよくポカポカ陽気だったので、
まずは近くの公園で月一運行のミニSLに乗りに行き、

息子「もう一回乗る!!」

というりっくんのアンコールを何度か叶えつつ、そして何度かは無視しつつ、
その後河川敷まで出かけて行ったのでありました(*^^)


2008年早咲き桜


早咲きの桜はとぉぉぉ~っても綺麗で、
ポカポカ暖かかったのもあって、河川敷でかなり長居♪
パパはレジャーシートに寝転んでりっくんと戯れたり、時には

息子「パパ起きてよ~!寝ないの~!」

りっくんに引っ張り起こされたり(笑)
ママはそんな姿をカメラに収めたりしつつ、
とぉ~っても穏やかなひと時でした(*^^*)


最近またカメラ熱が再燃しているママ…
パパに言わせると、「りっくんを連れて河川敷にピクニックに行く」とは言っても、

パパ「半分はママを喜ばせるためのものだよな~」

ということらしく( ̄▽ ̄;A
でもいいんです、何でも。
好きな写真が撮れて、撮った写真の中に一枚でもお気に入りがあればそれで♥

この日河川敷では普通に息子を被写体に撮ってみたり、
露出をオーバー気味にしてちょっと遊んだ写真を撮ってみたり。

はぁ~やっぱりカメラって面白い(^ー^* )フフ♪

また行かなくちゃね、写真撮…じゃなかった、
ピクニックに!!!

テーマ:家族でお出かけ - ジャンル:育児

気になる性別は…
What can you see?


一昨日の火曜日、一ヶ月ぶりに検診に行ってきました♪
いよいよ26週に突入し、もう7ヶ月検診とは( ̄▽ ̄;A

で、肝心の母子の状態は順調そのもの♥
ベビーの大きさも部分部分でどこも週数通り、現在推定体重800g弱。
ママの方も胎盤の位置、羊水の量など問題なく、
浮腫み・淡白・糖・血圧、全てにおいて基準範囲内でした(^_^)v

体重も妊娠前+2.5kgぐらいなので…
ぐんと体重の増えるこれからの数ヶ月を前に、いい感じで推移してくれています♪


そして気になる性別は…
現在逆子でなかなかお股が見えにくく、判断は難しかったようですが、

多分 女の子 (〃▽〃)

「見えにくいので『参考程度』にはなりますけど…」ということだったんだけれど、
前回の検診でも「女の子かな~?」ということだったので、間違いないのでしょう♥

今回は女の子希望だったのでかなりウキウキ気分のママ(笑)
これからの名づけや洋服選びが楽しくなりそうですww


*************


検診の後は、電車に乗れて大喜びの息子を連れてケンタへ。
中期の検査も満載で疲れていたので、
お昼ごはんまで作る気になれずに「手抜きする気満々」→「テイクアウト目的」で(笑)

カウンターで「どれにしようかな~」と選んでいると、
後ろからりっくんの声が。

息子「マ~マ~!!ここで食べる~!!!」
ママ「お家でだよ~!ここでは食べないよ~!」

「言うと思った」と思いながら、息子の方を振り向くことなく注文を続けるママ。
一通り注文が終わり、お財布からお金を出しているとまた後ろから響く息子の声…

息子「マ~マ~!!!」
ママ「だから~ここでは食べないよ~お家で食べ……」

ここまで言って息子の方を振り向くと、


靴をしっかり脱ぎ…

ジャケットもしっかり脱ぎ…

挙句の果てに靴下までしっかり脱いで…

イスにしっかり座って食べる準備万端の息子…


ママ「すいません、オレンジジュースのSを追加で…ここで食べます( ̄▽ ̄;A」


運ばれてきたチーズグラタンやらハンバーガーやらを前にして喜び、
大好きなポテトを口一杯にほうばりながら、

息子「ママとランチデート~♥」

ご満悦なご様子の息子なのでありました(笑)


次回の検診は2週間後。
今後は検診も頻繁になるし、たまった写真の整理や押入れの整頓…
出産までにやるべき仕事を、少しずつ片付けていかなければ。
そろそろ重くなり始めているお腹で、何かと忙しくなりそうです。

テーマ:マタニティライフ - ジャンル:育児

息子からのプレゼント
息子からのプレゼント


お天気もよく暖かかった今週末は、冷蔵庫のありもので作ったお弁当を持ち出し、
動物園に繰り出した我が家です(*´ー`*)


さて、何日か前の夜のこと。
夜中にママがフッと目を覚ますと、横にいるはずのパパはおらず…

またコタツで寝てるし(-""-;)ムムッ

ノソノソとベッドから起き出し、パパを起こしにタメ息交じりでリビングへ。
その気配に気付いたりっくん。

息子「ママ~・゚・(*ノД`*)・゚・」

パパを起こし、急いでベッドに戻ったママ。
りっくんを自分の懐に引き寄せ、腕枕で背中をトントン。
そしてりっくんがウトウトし始めた頃、パパが寝室へ…
その気配に気付いたりっくん、

息子「あっち行ってぇぇぇぇ~!!!。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。」

やっぱり…ε= (-с_-`o) ハァ…

とりあえずパパはまたリビングへ逆戻りし、
ママはもう一度りっくんを寝かしつけ。

ママ「りっくん、パパ可哀相だよ。『パパ一緒に寝よう』って言ってごらん?」
息子「言わないの~。゜(T^T)゜。」
ママ「そっか、じゃぁもう寝ようね」

そして再び腕枕でトントン、ウトウトし始めたりっくん。
パパはしばらくしてから時を見計らってコソッと寝室へ…

ところが息子はまだ完全には寝付いてなかったらしく、
パパが寝室に入ってくると、ムックと起き上がってしまい…

また泣くのね…パパ拒絶されるのね…また最初から寝かしつけなのねε= (-с_-`o) ハァ…

と瞬間的に思ったママ。
けれどりっくんの反応は親が考えていたものとは全く違うもので、

息子「パ~パ~、いっちょに寝よ~」

パパがリビングに行ってからベッドに横になった少しの間、
りっくんなりに色んなことを考えたようで。。。

ママ「りっくんお利口さんだね(..、)ヾ(^^*)イイコイイコ、みんなでネンネしようね」
パパ「りっくん、ありがと~」

この時はそれ以上何も言わなかったりっくん。
でもまたさらにしばらくした時、

息子「パ~パ~、さっきは…ごめんね」

その後はパパが「いいよ~、おやすみ~(^-^)」と言っただけだったけど、
りっくんの成長とその優しい気持ちに触れ、
パパもママも、間で眠るりっくんの方にそれぞれが向き、
りっくん越しに目を合わせ、何だか温か~い気持ちになったのでした。


息子から貰った「気持ち」のプレゼント。
成長とともに垣間見るこういう瞬間を、
大事に大事に覚えていたいと思うママなのでありました♪

テーマ:2歳児の日常 - ジャンル:育児

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。