PRECIOUS MOMENT
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自信
初めての運動会


今週は「幼稚園を知ろう」週間だった我が家。

第一弾の水曜日は、私立幼稚園の入園説明会。
そして何とかお天気が持った土曜日の昨日は、市立幼稚園の運動会へ。


そもそもが内弁慶で、シャイボーイのりっくん。
人がたくさん集まる説明会や運動会の場でママから離れ、
ちゃんと行動できるのだろうかと心配しましたが、

先生にお名前を呼ばれた私立幼稚園では、

息子「は~い!!!(^0^)/」

手を挙げて、大きな大きな声でお返事。
「こんにちは」も「ありがとう」も、家の外では小さな小さな声でしか言えないりっくんが、
それはもう大きな声でお返事して。

正直、ホントに驚きました。
話を聞いたパパもホントに驚いていました。

「内弁慶のりっくんが!?」と(笑)

あのりっくんの「は~い!」という声。
思い出すたび、

(´゚c_,゚` )プッ

と、嬉しいような、くすぐったいような、
でも何でか笑ってしまう、不思議な気持ち。


昨日の運動会では、未入園3歳児のコーナーに参加したりっくん。

一緒に行ったお友達とスタートラインに立ち、
3人手をつないで、一緒に、

よ~い、ドン!!!

「バーン!!!」という音を合図に、そろってダッシュ!
後ろで見守る母達のことなど振り返りもせず、
3人で楽しそうに、時折顔を見合わせたりしながら、
前でプレゼントを持って待つお兄ちゃんお姉ちゃんのところまで走って。

プレゼントをもらった3人、キラキラした目をして喜んで。
で、中身は何なのかと早速開けようとする子続出でしたが(笑)


幼稚園の行事にたくさん参加できた今週。
りっくんの中で随分と自信につながったかな?

あ、僕、こんなことができた。
あ、これもできた。
あ、ママと一緒じゃなかったけど大丈夫だった。

そんな一つ一つを積み重ねて、
子供って少しずつ大人になっていくんですよね、きっと。

りっくん、よく頑張りました♪♪♪


**********************

今日はちょっとしたおまけ画像を…

少し前に、ダブルベッドでりっくん、りぃ、ママの3人で寝始めてから気付いたこと。
りっくんと、りぃ、なぜか寝相が不思議な程に、

シンクロします。



ある時は…


シンクロする寝相 その1


またある時は…


シンクロする寝相 その2


さらにある時は…


シンクロする寝相 その3



こんな時も…


シンクロする寝相 その4


でもフッと寝室を覗きに行くと…


驚きの寝相


こんな時もあって…
これにはさすがに慌てます。

でも2人で仲睦まじく寝ている時もあって…


仲良く2人で


ちょっとした腕枕状態?

でもこの後、りぃの方向に寝返りをしたりっくん。
右足をそのままりぃの顔の上に…

さすがに泣きました、苦しくて(笑)
スポンサーサイト

テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

吸収力
吸収力


日中は何だかんだとテレビが点けっぱなしの我が家。
「にほんごであそぼ」や「えいごであそぼ」は息子の大好き番組で。

少し前の出来事。

妹に邪魔されないように、ダイニングテーブルにジグソーパズルを乗せ、
置く場所を完璧に覚えてしまったピースを、あっちに置き、こっちに置き。
静か~に自分の世界に入っていたりっくんが、ボソッと

息子「猫が西向きゃ尾は東、ゆや~んゆよ~んゆやよゆよ~ん ( ̄。 ̄ )ボソ...」


先日も、夕飯を食べていた時。
フッとママの頭に、

『アリが鯛ならイモムシぁ…』

ん???この続き何だっけ?
ハッ!(゚o゚ )

ママ「イモムシぁ かぼちゃ!!!!!」

すると、それをご飯を食べながら黙って聞いていたりっくん。
おもむろに、

息子「ママ… 『イモムシぁ クジラ』 でしょ?( -"-)」

あ…そうだった(^^;)

遊んでいてしっかりとは見ていないと思っていた教育番組も、
しっかりと息子の頭に残っていたようで。


「えいごであそぼ」もしかり。
朝起きて、カーテンを開けた後、

息子「マ~マ~!!今日は Sunny だね~!!」
ママ「じゃぁ"Sunny"の反対は?」
息子「 Rainy !!!」


おもちゃを一緒にお片付けしていて、
ボックスの一つを棚に入れてあげたママに向って一言、

息子「ママ! Good job !!( ^ー゜)b」
ママ「Th...Thank you...(^^;)」


この年齢の子供の頭はまさにスポンジ。
教育番組からもママからも、学べば学ぶほど吸収していってくれる…。

ということで、絵本を読んだり、食べ物や数字など、英単語を教えたり。
英語育児なんぞにちょこっと挑戦してみようかな、と(^-^)


こうして始めた英語育児。

何日か前、りっくんとお風呂に入り、
頭の上からお湯をかけてシャンプーを流していた時のこと。
この日は上手にお湯を処理できなかったようで、鼻に入ったらしく…

息子「お鼻に入った~・゚・(*ノД`*)・゚・」
ママ「Are you alright !??????」
息子「I...I'm alright...o(ToT;):アゥアゥアゥ←あんまり大丈夫そうじゃない人

まだまだ応用は利きません(笑)

テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

ギャング期の次は…
ギャング期の次は…


しばらく続いた3歳のギャング期がほぼ落ち着いたりっくん。
まぁ…少し波はありますが(汗)、どうやら次の段階に突入した模様。
さて、その次は?それは魔の、

「なんで?」期 ( ▽ ;)ははは

色んなことに興味を持ち、
そして不思議に思うようになったりっくん。

「なんで信号青になったの~?」
「なんでテレビつけたの~?」
「なんでお風呂に入らなきゃいけないの~?」

ママに色んな質問を投げかけ、
答えてもらっては

「そうなのか~(〃▽〃)」

と納得していたのですが…
今となってはそんな時代が可愛く思える程( ▽ ;)


息子「マ~マ~、 なんで 雨降るの~?」
ママ「雨雲が雨を運んでくるからよ~」
息子「 なんで 雨雲は雨を運んでくるの~?」
ママ「………だって雨が降らなかったら困っちゃうでしょ?(ちょっと逃げてみる)」
息子「 なんで 雨が降らなかったら困っちゃうの~?」


それはもう延々と続きます( ̄▽ ̄;A

極力答えてあげなくてはと思うのですが、


息子「マ~マ~次は何駅~?」
ママ「次は○○駅だよ~」
息子「なんで?」


息子「マ~マ~、今何時~?」
ママ「今~?う~んと、5時だよ~」
息子「なんで?」


こんな時はさすがに(-_-#)

テーマ:育児日記 - ジャンル:育児

卒業
兄の成長

この6月に3歳になったりっくん。
このたびようやくオムツを卒業できたようです♪

ウンチだけは、お友達の中でもかなり早くトイレでできるようになっていたりっくん。
それが、ママの妊娠が発覚してからトイレで全くしなくなり、
トイレのリズムが元に戻り始めた頃、出産…
再びトイレで全くしなくなってしまうなど、

前進しては後退し、そしてまた前進し…

おしっこも誘えばちゃんとトイレでできるのに、
どうしても事前報告ができない(・´ω`・;)
もういっそのことお兄さんパンツにして何度か失敗すれば、
少しずつ上手になっていくのでは、と思ったんだけど…

ママ「りっくん、お兄さんパンツ履こうか。お兄さんパンツだとカッコイイよ~♪」
息子「履く~!!!!(^-^)/」
ママ「でもお兄さんパンツ履くんだったら、ちゃんとトイレでチッチだからね」
息子「……… じゃぁオムツ履く( -з)」

こんな具合なのでなっかなかオムツを卒業できない日々(汗)
りっくんのオムツとりぃのオムツ、ダブルだと買い物も大量だし、荷物もかさばる…

え~い!!これではいつまでたっても卒業できん(`ω´)
オムツ強制撤去じゃ!!!!

ママ「りっくん、これ見て。ほら、オムツもう空っぽでしょ?
    オムツもうないから今日からパンツだからね~( ̄ー ̄)ニヤリ☆」
息子「お兄さんパンツ履くの?」
ママ「そうだよ、もうオムツないからパンツ履かないとだよ」
息子「……。」

というわけで強制的にパンツを履くことになったりっくん。
記念すべきパンツ第一日目はと言うと、なぜかりっくん一日中

おちんちんをつかんだまんま( ̄▽ ̄;A

ママ「りっくん、おチンチンつかまないよ~。何でおちんちんつかんでんの?」
息子「だってチッチが出ちゃうから~」

だそうで(笑)
パパが家に帰ってきてから、

ママ「おちんちんつかむとオシッコが出ない気がするの?」

と聞いたことは言うまでもなく(笑)
だってママにはそこのところは全然分かんないもんww


でもまぁ何はともあれ、無事にオムツは卒業♪
パンツにすると緊張感があるようで、全然失敗もなし(^_-)
立ちションも上手にできるようになったので、外出先でも楽チンになりました♥
あとは。。。

トイレでできたご褒美のチョコレートをどう卒業させるかが…問題(汗)

テーマ:トイレトレーニング - ジャンル:育児

あいうえお
あいうえお


今年の誕生日、りっくんは2つのオモチャを買ってもらいました。
1つはIKEAの木製機関車セット。
そしてもう1つがこれ。

NEWひらがなつみき

くもん出版から出ている NEW ひらがなつみき です♪

これまでもママと二人ソファに座りながら、
あいうえおのえほん を読んだりしていたりっくん。

絵本いっぱいに書かれたひらがなを指でなぞりながら、
書き順はほぼ完璧に覚えることができたのですが、
なかなかこのやり方では勉強じみてしまうというか…
りっくん自身はママとお座りして本を読む時間を楽しみにしていたようですが、
もっともっと楽しく覚えていけるんじゃないか、と思い購入♪

で、この積み木を使ってどうやって遊ぶかというと…

IKEAの木製機関車の線路の回りにトンネルを作ったり、
定番、ドミノ倒しの要領で並べてみたり、
中でも一番のお気に入りなのが、

息子「パ~パ~!!ディズニーランド作って~!!!」

ディズニーランド…つまり、シンデレラ城ww
積み木を高~く積み上げて、シンデレラ城を作れと要求するりっくん。
そして作りながら、

パパ「りっくんこれ何?」
息子「アリさんの『あ』~!!」
パパ「じゃぁこれは?」
息子「りっくんの『り』~!!」

「あ」から「ん」まで、あっという間に覚えてしまいました♪
「あか」「しろ」「あお」など、簡単な言葉なら文字で認識できるようにも(^_-)
自分の名前も上手に書けるようになりました。
ま、めちゃめちゃ簡単な名前なんで(笑)

そして全ての積み木を使って高~く大き~く作られたシンデレラ城の行く末は…


危な~い!


ガッシャ~ン!!!!!!!

下の方の積み木を器用に1つ抜き取り、きれいにガッシャ~ン!!
リビング中にすごい音が響き渡ります(汗)
でも我が家の二番目ちゃんはというと、

[(--)]ZZzzz...

ピクリともしません(^^;)
二番目ともなれば、やはりたくましいというか動じないというか…
たのもしい限りでママはとっても助かるんですけどね(笑)

文章を読めるようになるのはだいたいいつ頃だろう?
簡単な絵本を広げて読む練習というのも、
そろそろ始めても楽しいかもしれません(*^^*)

テーマ:写真日記 - ジャンル:育児

息子からのプレゼント
息子からのプレゼント


お天気もよく暖かかった今週末は、冷蔵庫のありもので作ったお弁当を持ち出し、
動物園に繰り出した我が家です(*´ー`*)


さて、何日か前の夜のこと。
夜中にママがフッと目を覚ますと、横にいるはずのパパはおらず…

またコタツで寝てるし(-""-;)ムムッ

ノソノソとベッドから起き出し、パパを起こしにタメ息交じりでリビングへ。
その気配に気付いたりっくん。

息子「ママ~・゚・(*ノД`*)・゚・」

パパを起こし、急いでベッドに戻ったママ。
りっくんを自分の懐に引き寄せ、腕枕で背中をトントン。
そしてりっくんがウトウトし始めた頃、パパが寝室へ…
その気配に気付いたりっくん、

息子「あっち行ってぇぇぇぇ~!!!。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。」

やっぱり…ε= (-с_-`o) ハァ…

とりあえずパパはまたリビングへ逆戻りし、
ママはもう一度りっくんを寝かしつけ。

ママ「りっくん、パパ可哀相だよ。『パパ一緒に寝よう』って言ってごらん?」
息子「言わないの~。゜(T^T)゜。」
ママ「そっか、じゃぁもう寝ようね」

そして再び腕枕でトントン、ウトウトし始めたりっくん。
パパはしばらくしてから時を見計らってコソッと寝室へ…

ところが息子はまだ完全には寝付いてなかったらしく、
パパが寝室に入ってくると、ムックと起き上がってしまい…

また泣くのね…パパ拒絶されるのね…また最初から寝かしつけなのねε= (-с_-`o) ハァ…

と瞬間的に思ったママ。
けれどりっくんの反応は親が考えていたものとは全く違うもので、

息子「パ~パ~、いっちょに寝よ~」

パパがリビングに行ってからベッドに横になった少しの間、
りっくんなりに色んなことを考えたようで。。。

ママ「りっくんお利口さんだね(..、)ヾ(^^*)イイコイイコ、みんなでネンネしようね」
パパ「りっくん、ありがと~」

この時はそれ以上何も言わなかったりっくん。
でもまたさらにしばらくした時、

息子「パ~パ~、さっきは…ごめんね」

その後はパパが「いいよ~、おやすみ~(^-^)」と言っただけだったけど、
りっくんの成長とその優しい気持ちに触れ、
パパもママも、間で眠るりっくんの方にそれぞれが向き、
りっくん越しに目を合わせ、何だか温か~い気持ちになったのでした。


息子から貰った「気持ち」のプレゼント。
成長とともに垣間見るこういう瞬間を、
大事に大事に覚えていたいと思うママなのでありました♪

テーマ:2歳児の日常 - ジャンル:育児

子供の感性
子供の感性


少し前のお昼寝明けの午後のこと。
ソファーに寝転んで本を読むママに、

ママ~!おうち~!!!

と叫ぶりっくん。

ん?おうち?(*・ω・)?

本を脇によけて目を向けると、
積み木で作ったおうちを指差してニコニコ顔のりっくんが。

ママ「りっくん、おうち作ったの!?上手だね~!すごぉ~い!」
息子「りっくん、おうち~!(〃▽〃)へへ」


最近になって、積み木やLEGOを自分なりに組み立てては、

「おうち~!!」
「バス~!!」
「トラック~!!」
「ブーブー!!」
「はっぱ~!(木)」

と言っては、自分の力作をママに見せてくれるようになったりっくん。

特に「こうやって作るんだよ」と言って教えたわけでもないのだが、
りっくんなりの視点で見たそれぞれの物を、
りっくんなりに組み立てて。

子供らしい素直な視点で、そしてりっくんなりの感性で、
日常に溢れる物を、ありのままの姿で捉えようとする様子を見ると、

この小さい頭は今どんな風に回り、考えているんだろう?

なんて思い、夢中で積み木を見つめるりっくんの真剣な目を見つめながら、
その頭の動きを少しでも理解したいと思ったり。


ある日の午後、
りっくんと手をつないで町に出て、
横断歩道の手前まで来た時のこと。

息子「あか~!」
ママ「そうだね、赤だね~(*^^) 青になるまで待ってようね♬」
息子「あ!あおいトラック!!」
ママ「ホントだ、青いトラックだね~(^-^)」

色んな車に喜ぶりっくんとこんなおしゃべりをしていると、
信号はあっという間に青サイン。
音楽が流れ出し、一斉に人が歩き出す中、
りっくん一言、

みどりのあお~!!!

確かに…
サインは「青」だけど、色はしっかり「緑」ですね(^^;)
素直目線、恐るべし。
すべり台
すべり台


先日行ったアスレチック公園で遊んだローラーすべり台。

りっくん的にとぉぉ~っても面白かったらしく…
今まで全くと言っていい程興味を示さなかった普通の公園の普通のすべり台にも、
少しずつ興味を示すように。

しかし興味は示しても、やっぱり自分で階段を登れないし、しかも滑れない…
10段+10段の道のりを仕方なくママが抱っこ。
そして膝の上に乗っけて一緒にシュ~!!!

慎重なのはいいことなんだけど、
これではママの身がもたん(((*´Å`) ハァ・・・・

ママ「りっくん、自分でウンショウンショってしてごらん?きっとできるよ♬」

しばし考えたりっくん。
先にスタスタと階段を上っていく少し上のお姉ちゃんをジィ~っと見つめ、
「ボクにも出来るかも…」と思ったのか…

1段、2段、3段

ウンショウンショと階段を上り始めた!!
そして三段登ったところで、

息子「ヽ(>_<。)/ママ~!」
ママ「りっくん上手だったね~!じゃぁママと一緒にシュ~シュ~滑ろうか?」
息子「(^-^*)(・・*)ウン」

1度目に3段登れたりっくん。
3段登れたら次は4段、次は5段。
1回滑るごとに1段ずつ増えて行き、
10段登れたら、次の10段なんてあっという間。
何度目かの挑戦で、あっという間に全段登れるように!

子供ってすごいな~


ここまでできると、次に目指すは一人滑り。
お友達が一人で滑るのを見ては、一人で滑ってみたそう~な素振りをするりっくん。
それまで頂上まで登ったら真っ先にママの膝に座っていたのに、
一人で発進点にお座りしてみたり。
けれど怖さから、どうしても発進できないようで…

そこで…まずはママの膝の上で発進!
そして下1/3のところで、

ママ「りっくん一人で滑ってみる?」
息子「(*・ω・)(*-ω-)うん」

そして…

シュ~!!!!!!

滑り終えたりっくんを見ると、とぉぉぉ~っても満足げ!
よし!これはいけるぞ(* '艸`)ププ
そして2回目は上から半分のところから一人で滑り、3度目。
りっくんをすべり台の頂上にお座りさせ、

ママ「ほらりっくん、行ってごらん!」
息子「ママ~!!!」
ママ「大丈夫だよ!ママもすぐに行くから!」

しばしの沈黙…そして、

シュゥゥゥゥゥ~!!!!!!!!

で、で、できた~!(≧▽≦)


自信が付いたのか、その後階段登りから滑るところまで、
ママが付いて行かなくても一人でできるように。

つい昨日まで階段すら登ることができなかった子を、
あんな高いところに一人で登らせ、滑ってくるのをただ見つめるのは、正直、

と~っても怖い!!!

足を滑らせはしないか、
落ちたりはしないか、
すべり台で足を絡ませたりはしないか、

心配で心配でしょうがないんだけど…

一人で登って滑るのはりっくんの試練。
そして息子から手を離し、遠くから見守るのはママの試練。

確かに心配だけど、今後はもっともっと手を離さなければならない時が来るんだから。
そう自分に言い聞かせたママだったのでした。

りっくん、よく出来ました(..、)ヾ(^^*)ヨシヨシ
色と形の認識
色と形の認識

去年の夏、帰省中にパズルボックスを買ってもらったりっくん。

アルファベットや数字、動物や魚の形をしたブロックを、
ボックスの中に入れていくこのオモチャ。
カメやらカニやらヒトデやら…
形が複雑なせいもあり、一人ではなかなか入れることができず。

そのためこれまでは、いつもママが、
『ここに、この方向で入れてごらん』と実際に示しつつ、
一緒に遊んでいました。


ところが先日、日曜日のこと。

パパママ共にまった~りしたい気分だったので、
どこにもお出かけせず、家でコーヒーを飲みながらおしゃべりしたり、ゲームしたり。
のんびりとくつろいでいました。
すると、「パズルボックスで遊ぶ~!」とボックスを持ってきたりっくん。

パパよろしくww

パパがお休みということで、微妙に育児放棄しつつ…(笑)、
パソコンを覗いていたママ。すると、

カチャン…カチャン…

(*・ω・)ん?何だか入れるペースが速くない?

ブロックがボックスに入っていく音が、妙に速い。
場所と方向を示しつつ遊んでいるなら、こんなに速いわけが…

パパ「ねぇねぇ、りっくん、色と形をちゃんと認識して入れてない?」
ママ「うそ~、まだムリでしょ~?」

でも…そんな親達の会話をよそに、
傍らでストンストンとボックスにブロックを入れていくりっくん。

ママ「うわ…ホントだ…」

入れる面を上にしてあげさえすれば、
5つある穴の中から、入れたいブロックと同じ形の穴を探し出し、
ストン、ストン。

スムーズに入らない時は、ブロックを右に左に少しずつずらしながら、
ブロックを上手に入れているではないですか!!

もちろんそれでも入らない時は、
「(。+・`ω´・)っはい!」とブロックを渡し、助けを求めるんだけど(笑)
それでも、一人で上手に入れることができるようになったことは、大きな進歩!

今日に至っては、入れる面を教えなくても、
4面の中から入れる穴を自分で探し出して入れるようになっているほど。

手の末梢神経も、考える力も、どんどん付いてきているんだもんね。
何もかも教えてしまっていたことを、とっても反省。


りっくん現在1歳9ヶ月、2歳も目前。
あぁ~何だかどんどん出来ることが増えちゃって、
嬉しいやら寂しいやら、ママ、複雑です(^^;)
小さな声でね
小さな声でね

ここ数日の内に、いくつもの言葉が使えるようになったりっくん。

うんちをして、オムツを替えてもらっている時には、「うんち~」
オシッコをして、オムツを替えてもらってる時には、「ちんち~ん」
うんちをトイレで流す時には、「じゃ~じゃ~」
お散歩の後の手洗いや、お風呂で体を洗う時には、「あわわ~」

同じ月齢でも言葉が少ない方のりっくんも、
一つずつ、少しずつ、言葉が増えてきました(*^^)

意味のある言葉を話せることがりっくん自身も嬉しいのか、
気になる言葉を何度も連呼したりすることも…
今一番気になっているその言葉とは、ズバリ

うんち…


チョコがハウス内でうんちをしてママが気付いてない時、
「うんち~うんち~」と教えてくれるりっくん。

りっくん、ありがとう~(..、)ヾ(^^*)イイコイイコ

こんな時はとってもお利口さん♬
特大のお礼とナデナデで褒めちぎるのですが…


今日の午前中、初雪を観測したこちらの地域はとぉ~っても寒い!!!
西友に行ったりドンキに行ったり、と店々を渡り歩いていた私達。
りっくんを抱っこしながらの帰り道、りっくん、何を思ったのか、

うんち~うんち~うんち~うんち~…

意味もなく連呼( ̄▽ ̄;A

ママ「りっくん、うんちなの~?」
息子「うん(*・ω・)(*-ω-)」
ママ『(内心)(^-^;)うっそ~ん』

そしてまた、ひたすら…

うんち~うんち~うんち~うんち~…


決してうんちがしたかったわけではなかったハズ(^^;)
言いたかったのね~どうしてもその言葉が(笑)

でもね、そういうことは…小さな声で、もしくは家で言って下さい。
外で、しかも特大の大声で言うことではありませんから…

うんち~うんち~うんち~うんち~…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。